トークトークユーザー利用規約

トークトークユーザー利用規約(以下「本規約」といいます。)には、イメージナビ株式会社(以下「当社」といいます。)が提供する「トークトーク」「(以下「本サービス」といいます。)の提供条件及び当社と契約者との間の権利義務関係が定められています。本サービスをご利用の際に本規約に同意いただく必要があります。


第1条(定義)

本規約における各用語の定義は以下のとおりとします。

  1. 「利用者」とは、本規約に同意の上で本サービスに申込みを行い、当社の承諾を得て本サービスを利用する法人をいいます。
  2. 「ID利用者」とは、当社が本サービスを提供するために利用者に提供するIDを用いて本サービスを実際に利用する者をいいます。
  3. 「利用者情報」とは、利用者及びID利用者が本サービスの申込みまたは利用の過程で、当社に提供する情報(申込に関する個人情報、本サービスの利用日時、利用時間、利用頻度などを含みますがそれに限定されません)並びに通話先の情報を含みます。
  4. 「通話先」とは、ID利用者が本サービスによって通話をする相手方をいいます。

第2条 (適用)

  1. 本規約は、利用者と当社との間の本サービスの申し込み及び利用に関わる一切の関係に適用されます。
  2. 本サービスに関し、当社が別途個別契約(申込書を含みますがそれに限定されません。)その他の条件(以下「個別契約等」といいます。)を定める場合、当該個別契約等は当社と利用者との間の契約に適用されます。なお、個別契約等と本規約に相違がある場合は、個別契約等の記載が優先されるものとします。
  3. 当社は利用者の個別の利用環境や利用条件により、本サービスの利用に際し制限事項を設定する場合があります。当社は当該制限事項を個別契約等により明示するものとし、利用者は申し込みの完了をもって当該制限事項を了承したものとします。
  4. 本規約は、当社が事前に利用者に変更の内容とその時期を通知することにより変更できるものとし、変更後に利用者が本サービスを利用したことをもって当該変更に同意したものとみなします。

第3条(申し込みとIDの発行)

  1. 利用者はID利用者と通話先の間でインターネットを介した映像と音声による通話を行うことを本サービスの利用目的とします。
  2. 本サービスの利用を希望する者(以下、「申込者」といいます。)は、本規約を遵守することに同意の上で、「トークトーク」サービス申込書(以下、「申込書」といいます。)を当社または当社が認めた代理店(以下、「販売者」といいます。)宛にFAXまたは電子メールなど販売者の指定する方法にて送付することにより、申込むことができます。
  3. 当社は、「トークトークサービス申込書」に記載された内容に基づいて、当社の基準に従い、利用の可否を判断し、当社が登録を認める場合は、販売者を通じて申込者に通知します。
  4. 当社は、申込者の内容に従い、本サービスを利用することができるID通知書を、販売者を通じて郵送・FAXまたは電子メールなど販売者の指定する方法で納品します。本ID通知書の到着をもって本契約が完了したものとし、申込者は利用者となり、ID通知書に記載の利用開始日からサービスを利用することができます。
  5. 申込者は、実際の使用端末数に応じた複数のIDを申し込むことができます。なお、ID利用者は利用者と同一か、利用者が法人の場合は、利用者に属する特定の個人であるものとします。
  6. 当社の判断により、利用の登録を拒否することができます。また、当社はその理由について一切開示の義務を負いません。
  7. 本サービスは、IDとパスワードの入力により利用が可能となります。利用者はID、パスワードその他自己のアカウントに関する情報を、自己の責任において安全に管理・保管し、第三者による不正使用を防止するために必要な措置を講じるものとします。
  8. 利用者は自己のIDとパスワードを第三者に貸与、共有、譲渡、名義変更その他の方法により第三者に使用させてはなりません。
  9. 当社は入力されたID及びパスワードが登録されたものと一致することを所定の方法により確認した場合、利用者による利用があったものとみなします。盗用、不正使用その他の事情により利用者以外の者が利用している場合であっても、それにより生じた損害について当社は一切責任を負いません。また、ID等が不正に利用されたことにより、弊社に損害が生じた場合、利用者は、弊社に対しその損害を賠償するものとします。
  10. 利用者は、IDまたはパスワードが盗まれたり、第三者に使用されていることを知った場合は直ちに当社に連絡するものとします。

第4条(利用地)

本サービスは日本国内においてご使用ください。

第5条(ID利用者と通話先)

  1. 利用者は、本サービスを利用するにあたり、当社との別途の契約を締結せずに、本サービスの全部または一部について第三者に提供すること、通話先から対価を得ることはできません。
  2. 利用者は、ID利用者においても本規約を遵守させる義務を負います。
  3. 利用者は、通話先への対応については自ら行うものとします。当社は通話先に対していかなる責任も負いません。

第6条(料金及び支払い方法)

  1. 利用者は、本サービスの利用の対価として、以下の利用料について、申込書に表示された金額を販売者に支払うものとします。
    (1)初期設定費用 本サービスについて、利用者と当社の契約が成立した際の設定費用。
    ご請求はID通知書に記載の利用開始日の属する月とします。
    (2)月額利用料 本サービスの利用料。毎月末日で締めて計算するものとし、日割計算は行いません。月額利用料のご請求はID通知書に記載の利用開始日の属する月からとなります。
  2. 利用者は、前項各号の利用料を、販売者が発行する請求書に従って、請求書発行月の翌月末日までに、販売者が指定する方法にて支払うものとします。銀行振込手数料その他の支払に要する費用は、利用者の負担とします。
  3. 利用者が利用料金の支払を遅延した場合、利用者は、年14.6%の割合による遅延損害金を販売者に支払うものとします。

第7条(契約の解約)

  1. 利用者は、1か月前までに当社所定の解約申込書を販売者に提出することにより、本サービスの契約を終了することができます。複数のIDを契約している場合は、IDごとに指定して解約することができます。
  2. 月の途中で終了した場合であっても、月額料金は日割り計算をせず、利用者は1か月分の利用料を支払うものとします。

第8条 (情報の取扱い)

  1. 当社は、本サービスの利用の際に利用者情報を取得しますが、ID利用者と通話者との間で交換される会話情報は取得しません。通信の秘密を保持します。
  2. 当社は、利用者情報について善良な管理者の注意義務をもって保管するものとします。また、本サービスにおいて取得した個人情報については、当社のプライバシーポリシーに則って取り扱いを行うものとします。
  3. 当社は前項に定める範囲で利用者情報を統計情報並びにその他情報として自由にこれを分析及び利用することができるものとします。ただし、利用者から削除、又は分析及び利用の禁止を要請された情報については、要請確認後に上記の対象から除外するものとします。利用者または当社が個人情報の保有当事者からクレーム等を受けた場合、利用者は、自らの費用と責任でこれを解決するものとします。
  4. 当社は、本サービスを提供するにあたり知り得た利用者情報を、実績があると当社が判断したクラウドサービス提供事業者の提供する安全性の高いネットワーク上に保存いたします。しかしながら、当社は、これらクラウドサービス提供事業者の提供するサービスの完全な安全性、信頼性等を保証するものではなく、当該クラウドサービス提供事業者の故意または過失、その他当社の責によらないクラウドサービスの不具合等に起因して利用者または通話先に生じた損害(情報の漏洩や消失等による損害を含みますが、これに限りません。)につき、賠償する責任を一切負わないものとします。

第9条(権利帰属)

  1. 本サービスに関する知的財産権は、当社または当社にライセンスを許諾している第三者に帰属しています。また本サービスにおいて当社が利用している、一般に公開されているオープンソースなどの知的財産権は、同様に権利者である第三者が保有しています。
  2. 本規約に基づく本サービスの利用許諾は、本サービスに関する当社または当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。
  3. 利用者は、利用者情報について、自らが入力その他の方法で当社に提供することについて、 適法な権利を有していること、及び当社へ提供した情報が第三者の権利を侵害していないことを保証するものとします。

第10条(業務委託)

当社は、本サービスに関する業務の全部または一部を業務に必要な範囲内で第三者に委託することができるものとします。

第11条(禁止事項)

  1. 利用者は、当社の承諾なく、次の各号に定める行為を行ってはならないものとします。
    (1)本サービスを当社が認めた利用目的以外の目的で使用すること
    (2)本サービスの複製、分解、追加、付加、編集、消去、削除、改変、改造その他方法、態様の如何を問わず、本サービスの現状を変更すること、また本サービスのリバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルその他方法、態様の如何を問わず本サービスの解析を行うこと
    (3)本サービスについて、有償無償を問わず、譲渡、質入、再許諾、再販売、担保設定その他態様の如何を問わず使用許諾等を行うこと
    (4)有償無償を問わず、利用者の権限を貸与すること
    (5)本サービスの運営を妨げ、その他本サービスに支障をきたすおそれのある行為を行うこと
    (6)当社もしくは第三者の信用を毀損する行為、不利益もしくは損害を与える行為、またはそれらのおそれのある行為を行うこと
    (7)公序良俗に反する行為その他法令に違反する行為、またはそれらのおそれのある行為を行うこと
    (8)その他当社が本規約と照らし不適当と判断した行為をおこなうこと

第12条 (利用停止等及び契約解除)

  1. 利用者が以下の各号のいずれかの事由に該当すると当社が判断した場合、当社は、事前に通知することなく、当該利用者若しくはID利用者による本サービスの利用を一時的に停止若しくは制限し、又は当該利用者若しくはID利用者が本サービスに関して提供した情報の全部若しくは一部を削除するができるものとします(以下、総称して「利用停止等」といいます。)。
    (1)本規約のいずれかの条項に違反した場合
    (2)利用料金その他本利用契約に基づく支払いを期日に行われない場合
    (3)本サービスに関する不正な支払いが判明した場合
    (4)前各号に準ずる事態が生じたと当社が判断した場合
  2. 利用者が以下の各号のいずれかの事由に該当する場合、当社は、利用者に通知の上、ただちに本利用契約を解除することができます。
    (1)前項各号のいずれかに該当した場合
    (2)前条に違反した場合
    (3)利用者が支払停止若しくは支払不能となった場合
    (4)利用者について破産、民事再生、会社更生、特別清算、又はこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
    (5)利用者について解散又は清算の手続開始が決議又は決定された場合
    (6)個人である利用者が死亡した場合

第13条(法令遵守)

利用者は、本サービスの利用において、第三者の著作権、商標権その他の知的財産権、プライバシー権、肖像権その他の人格権、その他の権利を侵害しないことを当社に保証します。

第14条(サービスの中断)

  1. 当社は、本サービスに係るシステムの保守または点検作業等のために、あらかじめ利用者に通知して、本サービスの全部または一部の提供を一時的に中断できるものとします。
  2. 当社は、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合、利用者への事前の通知をせずに、一時的に本サービスの全部または一部の提供を中断できるものとします。
    (1)緊急なメンテナンス作業が必要な場合
    (2)火災、停電、地震、落雷、噴火、洪水、津波、戦争、暴動、騒乱、労働争議などの不可抗力により本サービスの全部または一部の運営ができなくなった場合
    (3)本サービスと連携しているサービス等の保守、停止またはシステム障害等が生じた場合
    (4)その他当社が停止または中断を必要と判断した場合
  3. 本条に基づき当社が行った措置によって利用者に生じた損害について、当社は責任を負いません。

第15条(サービスの終了)

当社は、本サービス終了の3ヶ月前までに利用者に通知を行うことにより、本サービスを終了できるものとし、その場合は本サービスの終了と同時に当社と利用者間の契約も終了します。

第16条(免責事項)

  1. 利用者は、インターネットを利用した送信行為が、個人情報の漏洩等の危険性を含むことを十分認識し自己の責任のもとに管理、送信を行うものとします。当社はかかる送信行為に関して利用者および通話先に生じた損害について、一切の責任を負いません。
  2. 当社は、利用者が本規約その他当社の定める条件に違反したことによって生じた損害について、一切の責任を負いません。
  3. 本サービスを利用するために利用者が必要な設備(インターネット回線やWi-fi接続環境、PC、タブレット、スマーフォン、Webブラウザなどハードウエア、ソフトウエアを含めた全てを指します。)は、利用者の責任と費用において用意するものとし、当社は設備に関する責任を負いません。
  4. 当社は、本サービスの仕様を予告なく変更する場合があります。
  5. 当社は、本サービスが利用者の特定の目的に適合すること、期待する機能・商品的価値・正確性・有用性を有すること、利用者による本サービスの利用が利用者に適用のある法令等に適合すること、及び不具合が生じないことについて、何ら保証しません。
  6. 当社は、当社による本サービスの提供の中断、停止、終了、仕様変更、利用不能、利用者情報の削除または消失、利用者の登録の抹消、本サービスの利用による機器の故障もしくは損傷、その他当社のサービスに関して利用者に生じた損害について、賠償する責任を一切負いません。
  7. 当社は本サービスの利用により利用者に生じた紛争について、一切の責任を負いません。
  8. 当社は、本サービスの利用に際し、当社が運営するウェブサイト・サーバ・ドメインなどから送られるメール・コンテンツに、コンピューター・ウィルスなどの有害なものが含まれていないことを保証しません。
  9. 当社は、本サービスの仕様変更やハードウエア・ソフトウエア環境の変化等に対応するため、本規約の内容を予告なく変更する場合があります。最新の規約は本サービスのwebサイトに掲示します。

第17条(反社会的勢力の排除)

  1. 利用者は、当社に対し、次の各号の事項を確約するものとします。
    (1)自らが、暴力団、暴力団関係企業、総会屋もしくはこれらに準ずる者またはその構成員(以下総称して「反社会的勢力」という)ではないこと
    (2)自らの役員(業務を執行する社員、取締役、執行役またはこれらに準ずる者をいう)が反社会的勢力ではないこと
    (3)反社会的勢力に自己の名義を利用させ、利用者登録するものでないこと
    (4)本サービスの利用に関して、自らまたは第三者を利用して、次の行為をしないこと。
     ア. 当社に対する脅迫的な言動または暴力を用いる行為
     イ. 偽計または威力を用いて当社の業務を妨害し、または信用を毀損する行為
  2. 利用者が次のいずれかに該当した場合には、当社は、何らの催告を要せずして、利用者登録を抹消することができるものとします。
    (1)前項(1)または(2)の確約に反する申告をしたことが判明した場合
    (2)前項(3)の確約に反し利用者登録をしたことが判明した場合
    (3)前項(4)の確約に反した行為をした場合
  3. 前項の規定により利用者登録が抹消された場合には、利用者は、登録抹消により生じる損害について、当社に対し一切の請求を行わないものとします。

第18条(地位の譲渡)

  1. 利用者は、当社の書面による事前の承諾なく、本サービスを利用するための地位または本サービスの利用契約に基づく権利もしくは義務を、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。
  2. 当社は、本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合、利用者に対し、譲渡先、譲渡日等の情報を事前に通知するものとし、利用者は、譲渡日までに当社に対して通知をおこなうことにより、譲渡日をもって本規約を解約することができます。利用者が譲渡日までに当社に対して本サービスの利用契約を解約する旨の通知をしない場合、利用者は本項に基づく本サービスの利用契約の解約をすることができず、当社は、当該事業譲渡に伴い、本サービスに関する甲乙間の契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに利用者情報その他の顧客情報を、当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、利用者は、かかる譲渡につき本項においてあらかじめ同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第19条(損害賠償責任等)

  1. 利用者による本規約に違反する行為又は本サービス若しくは本規約に関連して利用者若しくはID利用者の責めに帰すべき事由により、当社又は第三者に損害又は損失が生じたときは、利用者は、その一切の損害又は損失につき賠償又は補償する義務を負うものとします。
  2. 当社は、本サービス若しくは本規約に関連して、以下の各号の事由に起因して利用者に生じた損害又は損失につき、当社の故意又は重過失に基づく場合を除き、一切の責任を負いません。
    (1)利用者が当社に提供した登録情報の虚偽、誤り、脱落又は変更漏れ
    (2)利用者もしくはID利用者によるID又はパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等
    (4)本サービスにおいて当社又は第三者から提供又はアップロードされたコンテンツの内容
    (5)本サービスのセキュリティ上の欠陥、エラー、バグ、ウイルス、その他の欠陥
    (6)第14条に基づく本サービス等の提供の一時的停止又は中断
    (7)第12条に基づく利用停止等の措置又は本サービスの利用契約の解除
    (8)登録情報、その他本サービスにアップロードされ又は提供された情報又はデータの毀損又は滅失
    (9)本サービスの利用に関連して利用者と第三者との間で生じた取引、連絡、紛争等
    (10)その他本サービス若しくは本規約に起因し又は関連する事由
  3. いかなる場合であっても、本サービス又は本規約に関連して利用者に損害が生じた場合であって、当社が利用者に対し契約上又は不法行為上その他理由の如何を問わず責任を負う場合における当社の責任の総額は、当社の故意又は重過失に基づく場合を除き、かかる損害を引き起こした事由の直近3ヶ月間に本サービスの利用契約に基づき当該利用者から当社が実際に受領した利用料金の合計金額を超えないものとします。

第20条(分離性)

本規約の条項の一部が、法令上無効であるとされた場合であっても、かかる無効とされた条項以外の各条項は引き続き有効なものとして適用されるものとします。

第21条(存続性)

第8条から第16条の規定は、利用契約の終了後も有効に存続するものとします。

第22条(準拠法及び管轄裁判所)

本規約には、日本国の法律が適用されます。本規約及び本サービスに起因する全ての紛争は札幌地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。


制定2021年4月1日
最新改定2022年3月28日


札幌市北区北7条西1丁目1-2 SE札幌ビル
イメージナビ株式会社